クラウドサービス

マネージドクラウドサービスプロバイダーを活用すべき4つの理由

パブリッククラウドに関する専門知識を幅広く有している“マネージドクラウドサービスプロバイダー(MCSP)”が多くの企業にとって、スマートな選択肢となる4つの理由を考察する。

 クラウドサービスは飛躍的な成長を続けています。クラウドサービスによって成長や革新を実現した事例が、毎日のようにIT関連のメディアに登場しています。その中で、ほとんどの場合、「クラウド」という言葉はAmazon Web ServicesやMicrosoft Azure、Googleを意味しています。ハイパースケールパブリッククラウドの分野で、彼らが群を抜いた成功を収め、認知度も高いプロバイダーだからです。

 しかし、この3社が完全にクラウド市場を独占したわけではありません。市場にはまだ、クラウド上のリソースを活用してアプリケーションやシステムサポートなどのサービスを顧客企業に提供するサービス事業者である“マネージドクラウドサービスプロバイダー(MCSP)”に対する根強い需要があります。

 筆者は、パブリッククラウドに関する専門知識を幅広く有しているMCSPが多くの企業にとって、スマートな選択肢となると考えています。そしてその理由として、次の4点を考えています。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2399文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  2. 在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例
  3. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  4. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]