PaaS ノンプログラミング開発ツール サイボウズ

米国市場に再挑戦--群雄割拠のローコード/ノーコードに挑むサイボウズの戦術

「『ローカル』『パートナー』『インダストリー』を重視。しっかりと顧客を捕まえ、パートナー販売の拡大と業種に特化したマーケティングに注力する」。米市場に再挑戦するサイボウズの米法人トップが語った。

 日本国内では一定の存在感を示しているサイボウズだが、同社は2019年度の事業戦略で強調した通り、米国の市場開拓に挑戦している。同社は2001年に米国市場に進出したものの、多様な理由から3年で撤退という屈辱を経験した。

 だが、2014年から再び米国市場への進出に挑戦している。

 その概略を11月7日から2日間、幕張メッセで開催した「Cybozu Days 2019」でサイボウズ 取締役副社長 山田理氏と米Kintoneの最高経営責任者(CEO)Dave Landa氏が語った。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1840文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. チャットボットは期待薄!? 世界の企業幹部が明かす「生き残る/消えるテクノロジー」
  2. 多様な働き方とデバイスをサポート! 「フルクラウド電話サービス」のインパクト
  3. 顧客を知り、顧客に合わせるのに欠かせない「NPS」を知っていますか?
  4. 中国の通信事情「知らなかった」では済まされないワケ─日中間越境通信を安全に行う方法とは
  5. AIが同僚に!IT運用人材の不足をテクノロジーでカバー--新時代のサーバ運用術

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]