コミュニケーション

「Zoom」のビデオ会議が促進する企業文化の変化--CIOが語る利点

Zoomの最高情報責任者(CIO)が、同社のビデオ会議システムのメリットを語った。柔軟な働き方が可能になり、それが離職率の低下につながって、業績の改善も見込めるという。

 米TechRepublicのTeena Maddox記者が「Gartner IT Symposium/Xpo 2019」で、「Zoom」のビデオ会議の使用と従業員や企業への影響について、Zoomの最高情報責任者(CIO)であるHarry Moseley氏に話を聞いた。以下では、インタビューでの会話を書き起こして編集した内容を紹介する。

Harry Moseley氏:Zoomはどのようにして企業文化を変えるのでしょうか。地域、国内、世界の人々と、いつどこにいても、どんなデバイスを使っていても会えるようにすることで、企業文化を変えます。Zoomという真の魔法は、高品質で高解像度のビデオと、高品質の音声を生み出します。これは、録画、モバイルデバイスやノートPC、室内からの簡単なコンテンツ共有まで、あらゆるものを網羅しています。

 部屋にはドングルもコードもありません。部屋に入ったら、すぐに音声の共有を開始できます。同僚の顔を見ることを、私は没入的な体験と呼んでいます。なぜなら、人と人がつながり、言葉や口調を聞くだけでなく、ボディーランゲージを見ることができるからです。誰もが知るように、ボディーランゲージを見ればすべてが分かります。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1436文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  2. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  3. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  4. ファイアウォールだけで守れるか? より高度な内部セキュリティ対策を実現するには?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]