開発ツール

シングルボードコンピューター「MaaXBoard」--NXP「i.MX 8M」SoCを搭載

「MaaXBoard」はNXPの「i.MX 8M」SoCを採用したシングルボードコンピューター(SBC)だ。

 Embestは、フェニックスに拠点を置くエレクトロニクス企業Avnetの一部門である。9月に入って、Embestはウェブサイト上で「MaaXBoard」シングルボードコンピューター(SBC)を発表した。「Raspberry Pi」は依然として最も人気の高いSBCだが、果物の名前を製品名にした同SBCが人気を博したことで、Raspberry Piと競合する、ホビイストや商業プロジェクト向けの低コストボードが多数登場した。

 残念なことに、これらのボードの多くは、ソフトウェアサポートが当てにならない、または存在しないこと、エコシステムに活気がないこと、そして、設計の中核をなすシステムオンチップ(SoC)のサポートが貧弱であることが原因で、比較的厳しい運命をたどることになる。MaaXBoardは、エンタープライズ向けのNXP「i.MX 8M」SoCを採用しているので、それらの課題を解決できる可能性が十分にある。

 i.MX 8Mが登場したのは2017年のことだが、NXPは10年間および15年間の「Longevity Program」でi.MX 8Mをサポートしており、アップデートされたカーネルやセキュリティパッチが適用されたカーネルをi.MX 8M向けに提供している。そのため、i.MX 8Mを中心に構築された製品を長期にわたって使用しサポートし続けることが、大幅に容易になっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1099文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]