人事・労務

転換期にある人事制度--ピープルアナリティクスで“より確かな人事”

データを解析し、戦略的な人事の業務効率化などに活用する“ピープルアナリティクス”が盛り上がりを見せている。これからは“記録・客観性・傾向値(ニュー3K)”に基づく「より確かな人事」が求められるという。

 パーソルグループは10月23日、“変革の時代における人材・組織マネジメントのアップデート”をメインテーマに掲げた「パーソルカンファレンス」を都内で開催した。ここでは、慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 特任教授 岩本隆氏と、パーソル総合研究所 コンサルティング事業本部長 佐々木聡氏が登壇した講演「人事データ活用がもたらす組織イノベーションとは?-HRテック最新トレンドとピープルアナリティクス最新事例」を見てみる。

自己超越欲求で変化するHR市場

 人事業務にテクノロジーを用いる“HRテック”では、2010年代からグローバルで“人的資本管理(Human Capital Management:HCM)”アプリケーションの開発が始まった。それに伴いHRテック系スタートアップへの投資額も急増し、CB Insightsの調査によれば、2012年時点で5億ドル(約500億円)程度だったものの、2017年には30億ドル(約3000億円)を突破。2009年から2018年までの累積額は160億ドル(約1兆6000億円)に及ぶ。

 活況を呈するHRテック市場だが、HCMアプリケーションは「各種領域に特化しているため、分類は難しいものの、区分すると二十数種類に分かれる」(岩本氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2307文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]