開発ツール 開発支援

「Kubernetes」の採用広がる--伊大手銀での導入事例

「Kubernetes」はいまや、コンテナー統合管理ツールの標準となっている。イタリアの大手銀行がKubernetesを採用し、改革を進めている事例を取り上げる。

 「Kubernetes」はインフラストラクチャーAPIの標準となり、Red Hat、Mesosphere(現D2IQ)、Pivotalなどのベンダーもその引力から逃れられずにいる。企業のアプリケーション開発支援をビジネスにしているなら、Kubernetesをサポートする必要がある。議論の余地はない。

 アプリケーションを開発している企業では、今もKubernetes導入の意欲がやや強く、CNCFの2018年の調査では、Kubernetesを本番稼働させている企業は40%だった。まだKubernetes行きの列車に乗り込んでいない60%の中には、リスクを避けたがる銀行が含まれている。垂直産業の1つである伝統的な銀行は、常に先端技術を追求するヘッジファンドや証券会社とは異なり、必要に迫られない限りは、テクノロジーを切り替えたがらないものだ。一部の銀行は、いまだに30年前のメインフレームテクノロジーを使ってATMネットワークを運用している。

 この現状をKubernetesが変えつつある。筆者の聞くところによると、INGがKubernetesを利用しているようだが、これはDevOpsコミュニティーの他のアーリーアダプターに追随したユースケースだ。コンテナーとオーケストレーションはCI/CDの改善に大いに役立つ可能性があるとはいえ、伝統ある銀行が、そのような新しいテクノロジーで実際の業務を進めることはあるのだろうか。Kubernetesの勢いが増していることを示すものの1つとして、イタリア最大手の銀行の事例を紹介しよう。今後の話だけではなく、現在の使用例もある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3335文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]