プロジェクト管理

プロジェクト管理ツールのAsana、日本オフィス開設--ANAやリコーなどが活用

Facebookの共同創業者が率いる、プロジェクト管理ツール「Asana」を提供する米Asanaが日本にオフィスを開設した。強みは「“仕事のための仕事(仕事の調整)”ではなく、本来の業務を充実させる」という。

 プロジェクト管理ツール「Asana」を提供する米Asanaが日本にオフィスを開設。10月28日に開いた記者会見では、日本市場戦略と新機能「Asanaオートメーション」を解説した。

 Asanaを“ワークマネージメント(仕事管理)”ツールと位置付けている同社の最高経営責任者(CEO)のDustin Moskovitz氏は「『仕事のための仕事(仕事の調整)』ではなく、本来の業務を充実させる」と説明する。すでに3月から日本語に対応しており、全日本航空や日本航空、リコー、ソフトバンクといった大手企業もAsanaを導入済みである。

Asana CEO Dustin Moskovitz氏
Asana CEO Dustin Moskovitz氏

 多くの仕事を俯瞰すれば、複数の人々が集まってコラボレーション(共同作業)に勤しんでいる。だが、McKinseyの調査によれば勤務時間の61%を仕事の調整に費やし、実際の業務時間は39%にとどまるという。

 他方でAsanaがグローバルでの調査結果によれば、1週間のうち「2時間以上を無駄な会議に費やし」「仕事についての会話は7時間以上」「重複した作業で4時間38分を無駄に費やし」「アプリケーションの通知やシステムの繰り替えで集中を妨げられる時間は5時間以上」という結果が浮き彫りになった。

 日本企業における悪習慣の1つとして“CC文化”がある。関係者をCCに登録することで、報告や連絡を省略するというものだ。責任問題なども関係するため一概に否定できないものの、午前中一杯はメールの仕分けに費やすという笑えない話もある。

 このように日常業務を妨げる要因は数多くあるなか、コラボレーションに欠かせない存在が“コーディネーション(調整)”だという。従来であればプロジェクト管理ツールが担っていた調整の役割は、昨今ワークマネージメントというキーワードが用いられるようになったが、Moskovitz氏は既存の解決策を次のように否定する。

 「たとえばステータス更新を共有する会議やスプレッドシートの共有、ホワイトボードに付箋を貼るケースを見かけるが、そもそもコーディネーション用に作られたツールではなく、規模の拡大にも追いつけない」(Moskovitz氏)

 Facebookの共同創業者でもあるMoskovitz氏だが、Facebook在籍中は開発部門を率いていた。当時を「コーディネートで常に悩まされていたからこそ、社内ツール『Tasks』を開発し、誰しもが仕事のトラッキングを可能にした」(Moskovitz氏)結果がAsanaである。

 SaaS型で利用できるAsanaは、メールアドレスベースで登録したユーザーの業務契約やタスク割り当て、進捗管理といった操作をウェブブラウザーで行う。

「プロジェクト管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]