周辺機器 富士ゼロックス

富士ゼロックス、A4プリンターに特殊色モデル--デザイン事務所や小売店舗狙う

富士ゼロックスがゴールド、シルバー、ホワイトなどの特殊色のトナーを搭載するプリンターを発表。デザインオフィスや小売業、サービス業での利用を狙う。

 富士ゼロックスは10月28日、A4小型発光ダイオード(LED)プリンター「DocuPrint CP310 st」を発表した。ブラックに加え、ゴールド、シルバー、ホワイトの特殊色3色のトナーを搭載。特殊色印刷専用モデルとしてデザインオフィスや小売業、サービス業向けに販売する。販売目標は3年間で3000台。“新しい市場を創り、活性化していく”ための製品となるという。12月10日から発売する。

沖村氏
沖村氏

 SMBドキュメントソリューション事業本部 商品開発部でグループ長を務める沖村直雅氏は「高級感や季節感が表現できるゴールドやシルバー、色紙や透明フィルム上で表現できるホワイトなど、特殊色印刷には一定のニーズがある。しかし、プロダクションプリンターやオフセット印刷でしか出力できないという認識が浸透している」と指摘。

CP310 st(出典:富士ゼロックス) CP310 st(出典:富士ゼロックス)
※クリックすると拡大画像が見られます

 外注の際に発生するコストと発注から納品までのリードタイム、「Adobe Illustrator」のようなデザインのための専門ツール、使いこなすためのハイレベルな人材、機器などがそれぞれ阻害要因になっていると説明する。

 CP310 stは、オフィス向けプリンター「DocuPrint」シリーズのサイズ感や使い勝手を踏襲。デスクにも設置できる幅420mm、奥行466mmというコンパクトサイズで、1分間にA4タテ28枚が印刷可能。デザインオフィスや小売業、サービス業の店舗など、スペースが限られる場所に特殊印刷物の出力環境を提供できるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約693文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]