IaaS ストレージ

AWSやAzureと接続可能な「HPE Cloud Volumes」--ベンダーロックインを回避

HPEが日本でも提供する従量課金制のエンタープライズ向けマルチクラウドストレージサービス「Cloud Volumes」は、パブリッククラウドベンダーによるロックインの回避などを狙っている。

 日本ヒューレット・パッカード(HPE)は11月1日、従量課金制のエンタープライズ向けマルチクラウドストレージサービス「HPE Cloud Volumes」を日本で提供開始する。同社が10月23日に発表した。

 Cloud Volumesは、データベースなど既存のエンタープライズアプリケーションから任意のワークロードを実行、移動して、オンプレミスとパブリッククラウドの間でデータを簡単にバックアップできるようにする。現在、接続に対応しているパブリッククラウドは「Amazon Web Services(AWS)」と「Microsoft Azure」。Cloud Volumesは、これらの仮想サーバーからiSCSIターゲットとして認識される。「Google Cloud Platform(GCP)」にも間もなく対応する予定。

 HPEによると、Cloud Volumesを提供する背景として、企業では、本番環境のデータベースから仮想マシン、バックアップにいたるまで、あらゆるワークロードをクラウドで実行し、自社データセンターとクラウドプロバイダーとの間でデータをシームレスに移動する必要性が高まっていることがあるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3177文字 ログインして続きを読んでください。

「IaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]