クラウドサービス IoT

「AWS IoT」でモノをセットアップして登録するには

多くの企業において、データ管理には、モノのインターネット(IoT)からもたらされる大量のデータストリームを収集、処理、保存、および分析する作業が含まれる。ここでは、「AWS IoT」を使ってモノをセットアップして登録する方法を解説する。

 現在では、多くの企業において、データ管理には、モノのインターネット(IoT)として知られる相互接続ネットワークの多数のソースからもたらされる大量のデータストリームを収集、処理、保存、および分析する作業が含まれる。少数の大企業を除くすべての企業では、そうした条件下でデータを管理するには、サードパーティーが提供する専用のクラウドサービスが必要である。この作業は、単独で処理するにはあまりにも規模が大きく、動きが速いからだ。

 主要なクラウドサービスプロバイダー(AWS、「Microsoft Azure」「Google Cloud」)はすべて、自社のクラウドエコシステム向けに効果的なIoT双方向収集および制御プロトコル群を提供しているようだ。そのため、自社に展開するサービスを選定する際には、習熟度や使いやすさ、継続的なコストなど、さまざまな要素が決め手になるかもしれない。本記事で紹介するのは、「AWS IoT」サービスだ。

 Amazonによると、「AWS IoTサービスは、センサーやアクチュエーター、組み込みマイクロコントローラー、スマート家電などのインターネット接続デバイスとAWSクラウドの間で安全な双方向通信を提供する」という。このチュートリアルでは、「AWS Control Panel」(AWSコントロールパネル)を使用して、AWS IoTサービスで「モノ」をセットアップして登録する方法を解説する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1830文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]