RDBMS

「SQL Server 2019」の方向性--「Kubernetes」連携やビッグデータ機能を強化

「SQL Server 2019」はリレーショナルデータと非構造化データを合わせて扱うことができ、データを利用しやすくなるという。マイクロソフトのゼネラルマネージャーに話を聞いた。

 「Microsoft Azure」のSQLデータベースサービスと「SQL Server」製品は、最初はそれぞれ別のコードをベースとしていたが、Microsoftは数年前にコードベースを統一し、両製品間でのアプリケーションの互換性を確保した。そこでSQLチームが気づいたのは、顧客はデータベースアプリケーションをクラウドに移行したいだけでなく、複数のデータベースを管理する複雑さを緩和したいと考えているということだ。

 Azure Data & AI担当ゼネラルマネージャーのJohn 'JG' Chirapurath氏は米TechRepublicに対し、「クラウドの時代においてもSQL Serverに対する関心は非常に大きく、SQL Serverとは何かという価値提案を拡大する機会があった」と述べた。そこから生まれたのが、「SQL Server 2016」の「PolyBase」テクノロジーと、「SQL Server 2017 for Linux」だ。Chirapurath氏は「PolyBaseを使用することで、SQL Serverの共通言語である『T-SQL』で各種データソースにクエリを送信することができる」としている。一方、SQL Server 2017 for Linuxについては、「これまでのSQL Serverで最も重要なリリースの1つであり、おそらくこれまでで最も成功したバージョン」と評する。ダウンロード数は18カ月間で2000万回を超える。ダウンロード数が伸びた一因は、コンテナーサポートによってデプロイが容易になることだ。

PolyBaseにより、「Hadoop」からデータを読み取るTransact-SQLクエリをSQL Server 2016で処理できる。同じクエリでSQL Serverのリレーショナルテーブルにもアクセス可能だ。
PolyBaseにより、「Hadoop」からデータを読み取るTransact-SQLクエリをSQL Server 2016で処理できる。同じクエリでSQL Serverのリレーショナルテーブルにもアクセス可能だ。
提供:Microsoft

「Kubernetes」でのビッグデータ利用をシンプルに

 Chirapurath氏によると、顧客はKubernetesでSQL Serverを使いたいだけでなく、簡単に使用できることも望んでいたという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3875文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIが同僚に!IT運用人材の不足をテクノロジーでカバー--新時代のサーバ運用術
  2. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  3. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  4. 3タイプで傾向を分析! 飛躍するプレイングマネージャーの育て方
  5. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]