SDN/ネットワーク仮想化 コンテナ その他セキュリティ

Tufin、ネットワークセキュリティポリシー一元管理に新製品

トゥフィンジャパンオフィスは、クラウド環境でのセキュリティポリシーを運用する「Tufin Iris」と、コンテナ上でマイクロサービスのセキュリティを可視化する「Tufin Orca」の販売を開始した。

 Kitov氏は「Tufinはセキュリティプラットフォームとして、SIEM(セキュリティ情報イベント管理)やSOAR(Security Orchestration, Automation and Response)、IPAM(IPアドレス管理)などと連携し、『セキュリティ変更を数分で完了』『ネットワーク管理の複雑さを軽減』『セキュリティ基準への継続的な遵守を確保』『DevOps機能を使用したアジャイル開発を実現』と4つの価値を顧客に提供する」と語る。

 また、競合製品との差別化についても、Kitov氏は「われわれはネットワークセキュリティポリシーの自動化としては先駆者。他社製品は6割止まりだが、弊社製品なら10割の成果を打ち出せる」と自信を見せた。

 ファイアウォールの運用保守に苦慮していた某大手企業は、Tufin製品の導入で変更処理の82%を自動化し、1時間に短縮。さらに既存の担当チーム(5人)の労働時間を67%も解放したという。

トゥフィンジャパンオフィス 日本カントリーマネージャー 渡邊建人氏
トゥフィンジャパンオフィス 日本カントリーマネージャー 渡邊建人氏

 日本には2018年7月にオフィスを開設した。日本法人のトゥフィンジャパンオフィスでカントリーマネージャーを務める渡邊建人氏は「日本企業からはファイアウォールのクリーンアップ自動化の引き合いが大きい。ルールが肥大化し、パフォーマンス展開が発生している。日本の顧客には最初の一歩として可視化とクリーンアップを提案している」と現在の状況を説明する。

 TOSはミドルウェアに位置するため、早期の大規模展開は難しい。そのため同社は「フェーズ1は数十数百台を対象に展開」(渡邊氏)し、既存顧客である金融や通信事業以外の業種拡大を目指す。

「SDN/ネットワーク仮想化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]