タブレット

「Surface Neo」入門--MSの折りたたみ式2画面タブレット

「Surface Neo」は、マイクロソフト初のデュアルスクリーンタブレットだ。折りたたみ式のデバイスで、2画面用の新OS「Windows 10 X」を搭載し、2020年に発売が予定されている。

 Microsoftは折りたたみ式デバイスに大いに力を入れており、ニューヨークにおいて米国時間2019年10月2日に開催したイベントで、「Windows」搭載タブレット「Surface Neo」と、「Android」搭載スマートフォン「Surface Duo」を発表した。Surface NeoとSurface Duoの発売は「2020年のホリデーシーズン」の予定で、Microsoftの今回の製品発表は同社の歴史上、発売までのリードタイムが最も長い発表の1つとなっている。

 Surface NeoはMicrosoft内の多様な取り組みを網羅しており、たとえば「MacBook」の「Touch Bar」に相当するWindowsの機能や、折りたたみ式スクリーン搭載デバイスのさまざまな表示方法に対応した「Windows 10 X」OSなどがある。

 この入門記事では、Microsoftの折りたたみ式タブレットSurface Neoについて解説する。

どんなものなのか

 Microsoftが初めて正式に発表したデュアルスクリーンタブレットだ。このフォームファクターは、Microsoftの内外で10年にわたって研究開発の対象となっている。2009年には、「Xbox」チームを共同で立ち上げたJ Allard氏の主導によって、書籍のように開くタブレット「Microsoft Courier」が開発された。Courierタブレットプロジェクトは2011年に打ち切られたものの、これに代わって2012年に(折りたたみ式ではない)初代「Surface」タブレットが登場した。Microsoftはこの製品で初めて、コンピューターハードウェア開発の分野に進出することになる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1544文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]