CRM クラウドサービス

「Dynamics 365」に追加されたサービス--CRMにとどまらない包括的なソリューションへ

「Microsoft Dynamics 365」に、フィールドサービス、IoT、不正防止、小売りなど、多数のサービスが追加された。単なるCRMツールから大規模なビジネスプラットフォームへと進化している。

 Microsoftはこの数年で「Microsoft Dynamics」をひそかに再構築中だ。以前はERP機能が付加されたCRMツールだったが、ビジネスの進め方を管理して、ビジネスチームが機械学習、コグニティブサービス、IoTなどの「Microsoft Azure」サービスを利用しやすくなるツールに進化している。

 「Microsoft Dynamics 365」は、「Power BI」(データの視覚化と分析)、「PowerApps」(カスタムアプリの開発)、「Microsoft Flow」(これらを「Microsoft Office」などのサービスと連携させてカスタムワークフローを作成)と並ぶコアサービスの1つであり、Microsoftは「ビジネスアプリケーションプラットフォーム」と呼ぶこともある。それらすべてを支えているのが、「Common Data Service」(CDS)プラットフォームと呼ばれる安全性の高いビジネスデータストアだ。

 CDSとFlowは、クラウド版「Microsoft Project」などの新サービスの基盤となっており、Dynamics内には財務、顧客サービス、フィールドサービス、プロジェクトサービス自動化、リソーススケジューリングなど、多種多様なツールがすでに構築されているため、ビジネスに必要なツールを選択して、「Office 365」風の見慣れたインターフェースで利用することができる。

 Dynamics内でカスタム機能が必要な場合は、開発チームに頼んで、Microsoftが使うのと同じ基本的なAzureサービスを使用して作成してもらってもいいが、アプリ開発チームがいなくてもモバイルアプリを作成できるPowerAppsと同じように、「IoT Central」や「Azure AI」などのAzureサービスをDynamics内でパッケージ化するソリューションをMicrosoftが構築しているため、多くの企業で必要な作業のカスタムソリューションは、開発者に頼らなくても作成できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4258文字 ログインして続きを読んでください。

「CRM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]