CRM クラウドサービス

「Dynamics 365」に追加されたサービス--CRMにとどまらない包括的なソリューションへ

「Microsoft Dynamics 365」に、フィールドサービス、IoT、不正防止、小売りなど、多数のサービスが追加された。単なるCRMツールから大規模なビジネスプラットフォームへと進化している。

 Microsoftはこの数年で「Microsoft Dynamics」をひそかに再構築中だ。以前はERP機能が付加されたCRMツールだったが、ビジネスの進め方を管理して、ビジネスチームが機械学習、コグニティブサービス、IoTなどの「Microsoft Azure」サービスを利用しやすくなるツールに進化している。

 「Microsoft Dynamics 365」は、「Power BI」(データの視覚化と分析)、「PowerApps」(カスタムアプリの開発)、「Microsoft Flow」(これらを「Microsoft Office」などのサービスと連携させてカスタムワークフローを作成)と並ぶコアサービスの1つであり、Microsoftは「ビジネスアプリケーションプラットフォーム」と呼ぶこともある。それらすべてを支えているのが、「Common Data Service」(CDS)プラットフォームと呼ばれる安全性の高いビジネスデータストアだ。

 CDSとFlowは、クラウド版「Microsoft Project」などの新サービスの基盤となっており、Dynamics内には財務、顧客サービス、フィールドサービス、プロジェクトサービス自動化、リソーススケジューリングなど、多種多様なツールがすでに構築されているため、ビジネスに必要なツールを選択して、「Office 365」風の見慣れたインターフェースで利用することができる。

 Dynamics内でカスタム機能が必要な場合は、開発チームに頼んで、Microsoftが使うのと同じ基本的なAzureサービスを使用して作成してもらってもいいが、アプリ開発チームがいなくてもモバイルアプリを作成できるPowerAppsと同じように、「IoT Central」や「Azure AI」などのAzureサービスをDynamics内でパッケージ化するソリューションをMicrosoftが構築しているため、多くの企業で必要な作業のカスタムソリューションは、開発者に頼らなくても作成できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4258文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]