PC・モバイル

「Surface Laptop 3」入門--2種類の画面サイズから選べるMSの最新ノートPC

「Surface Laptop 3」はマイクロソフトの第3世代のノートPCだ。アップルの「MacBook Pro」や「MacBook Air」の競合モデルであり、画面サイズは13.5インチと15インチの2種類が用意されている。

 Microsoftの「Surface Laptop 3」は、薄型軽量のミッドレンジ「Windows」PCだ。Appleの「MacBook Pro」「MacBook Air」といった競合デバイスに対抗するべく設計されており、Microsoftが米国時間2019年10月2日に開催したSurfaceイベントで発表された。Surface Laptop 3は過去2モデルを超える性能を目指してスペックが強化され、汎用性を増した機能を備え、スクリーンを13.5インチと15インチから選べるようになっている。

 この入門記事では、新製品Surface Laptop 3について詳しく解説する。

どんなものなのか

 AppleのMacBookに対抗するMicrosoftのミッドレンジノートPCとして、2017年の初代「Surface Laptop」と2018年の「Surface Laptop 2」に続いて投入された第3世代のモデルだ。2種類が用意されており、13.5インチモデルは999ドルから、15インチモデルは1199ドルからとなっている。現在は予約注文が可能で、両モデルとも米国時間2019年10月22日に出荷が開始される。

どんな新しい機能があるのか

 13.5インチのSurface Laptop 3は、クアッドコアの第10世代「Intel Ice Lake」プロセッサーを搭載する。Microsoftによれば、このチップはSurface Laptop 2のチップの2倍強力で、MacBook Airに搭載されたチップの3倍の性能であるという。15インチモデルは、Advanced Micro Devices(AMD)の「Ryzen 7 Microsoft Surface Edition」プロセッサーを搭載。Microsoftはこれについて「現在、同クラスのどのノートPCで使用されているものよりも高速なプロセッサー」としている。15インチモデルのグラフィックスを処理するのは、AMDの「Radeon RX Vega 11」プロセッサーだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5470文字 ログインして続きを読んでください。

「PC・モバイル」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]