メール コミュニケーション

電子メールは今も主要な通信手段--職場でのコミュニケーションツール利用

アドビが実施した調査によると、さまざまな世代において、職場でよく使用するコミュニケーションツールとして電子メールの割合が高かったという。

 受信トレイに未読の電子メールが2万通以上ある人が特に興味を抱きそうなデータがある。一部の消費者は「Inbox Zero」(インボックスゼロ)の達成を目指しているが、その人数は以前よりも少なくなっている。インボックスゼロとは、削除や返信、分類を実行することで、すべての電子メールに対処し終わった状態を指す。

 興味深いことに、実際にインボックスゼロに到達した人たちは、安心感を覚えたと述べている。インドでは、70%がインボックスゼロを達成しており、多くの人はそれについて、素晴らしいことだと話している。しかし、米国では、インボックスゼロを達成している労働者は全体の半分以下だ。

 これは、Adobeの第5回年次調査の一環として収集された多くの事実の1つにすぎない。Adobeは、米国の1000人の労働者を対象に調査を実施し、彼らの電子メールおよびソーシャルメディアアプリの利用状況や職場でのコミュニケーションの取り方を明らかにした。彼らの回答は世代別に分類された。具体的には、ベビーブーマー世代(1946年~1964年に生まれた人々)、X世代(1965年~1976年に生まれた人々)、ミレニアル世代(1977年~1995年に生まれた人々)、Z世代(1996年以降に生まれた人々)などだ。少数ながら、旧世代(1945年以前に生まれた人々)の回答者もいた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3141文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]