SIEM マイクロフォーカス

Micro Focusが考える「ゼロトラスト」戦略とSIEMの可能性

DWHの「Vertica」やSIEMの「ArcSight」などを提供するMicro Focusは2月にセキュリティ分析ソフトウェアを開発するIntersetを買収。注目される「ゼロトラスト」や買収の狙いなどを同社幹部に聞いた。

 Hewlett-Packard Enterprise(HPE)の事業売却でMicro Focusはデータウェアハウス(DWH)の「Vertica」やセキュリティ情報イベント管理(SIEM)の「ArcSight」など多くのソフトウェアを獲得した。そのMicro Focusは2月14日にセキュリティ分析ソフトウェアを開発するIntersetを買収、ポートフォリオを強化している。

 Intersetは、エンドユーザーやデバイスの振る舞いを分析して不審な行為を特定するUEBA(User and Entity Behavior Analytics)技術や機械学習を開発、セキュリティの脅威を素早く正確に検知できると主張している。Micro FocusはVerticaやArcSightの機能を強化できると説明している。

 SIEMとしてArcSightのほかに以前から提供している「Sentinel」も抱えている。同社は現在、セキュリティの新しい概念として注目されている「ゼロトラスト」を提言している。ArcSightやSentinelなどの製品管理ディレクターを務めるMichael Mychalczuk氏に話を聞いた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4914文字 ログインして続きを読んでください。

「SIEM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]