クラウドサービス

「Evernote」だから簡単にできる--自分や部下のタスク管理術

自分のタスクだけでなく、部下のタスクを管理している人向けにさまざまなタスク管理ツールがあるが、「Evernote」もそのような作業に適したツールのひとつである。

 自分のタスク管理だけでなく、マネジメントをしている人は、部下のタスクをどのようにして管理しているだろうか。さまざまなタスク管理ツールがあるが、「Evernote」もそのような作業に適したツールのひとつである。

 というのも、EvernoteであればTo doリストを活用できるほか、タスクにリマインダーを追加することもできるからだ。各タスクに関連する資料を添付し、情報を1箇所にまとめられる点でも使いやすい。今回はEvernoteで簡単にできる自分や部下のタスク管理術をご紹介する。

専用ノートブックを作る

 最初に、自分のタスクを管理するノート、部下のタスクを管理・共有するノートを格納するノートブックをそれぞれ作っておこう。ノートブック名は「自分のタスク」「◯◯(部下の名前)タスク」などと、一目でわかるようにしておく。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1736文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. チャットボットは期待薄!? 世界の企業幹部が明かす「生き残る/消えるテクノロジー」
  2. 12時間が2時間に!あのWendy'sはどうやって1PBのバックアップを劇的に時短したか?
  3. IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を
  4. まだメール添付?社内外の関係者とスマートにファイル共有には?
  5. Offiice 365、BoxなどのSaaS利用でネットワークが逼迫!その解決策は?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]