タブレット PC・モバイル

「Surface Pro X」入門--独自Armプロセッサーを搭載するMSの2in1 PC

「Surface Pro X」は、マイクロソフトの2in1ノートPCシリーズの最新モデルだ。クアルコムと共同開発したArmベースのプロセッサーを搭載し、旧モデルよりも薄型軽量の設計になっている。

 Microsoftの「Surface Pro」シリーズの最新世代には、「Surface Pro X」という新しいタイプのデバイスがある。一見した限りでは他のSurface Proデバイスと似ているが、よく観察すると違いに気づくはずだ。この新型Surface Proは旧モデルより薄型軽量で、バッテリー持続時間が長い。また、Microsoft製品としては初めて、カスタム設計のArmプロセッサーが採用された。

 これまでIntelやAMDのプロセッサーを搭載するマシンを作ってきたMicrosoftにとって、Surface Pro Xの内部コンポーネントは大きな変化だ。Microsoftが設計したArmベースのプロセッサーを搭載するマシンの登場は、Microsoftのハードウェアの方向性が変わったことを示しているのかもしれない。Surface Pro Xはこの新たなビジョンを伝える最初のマシンだ。

 この入門記事では、Surface Pro Xの概要について説明する。

どんなものなのか

 Microsoftの2in1ハイブリッドノートPCであるSurfaceシリーズの最新モデルであり、同シリーズ最高の製品だ。Qualcommと共同開発したArmベースのプロセッサーを搭載する初のMicrosoft製デバイスでもある。Surface Pro Xは単なるArmデバイスではなく、Microsoftが設計した「SQ1」というArmチップを搭載しており、プロセッサーからOSまで、デバイス全体がMicrosoftによって設計されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3296文字 ログインして続きを読んでください。

「タブレット」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]