タブレット

「Surface Pro 7」入門--USB-Cポートを搭載したMSの最新ハイブリッド

「Surface Pro 7」は、第10世代のインテルプロセッサーとUSB-Cポートを搭載する、マイクロソフト製ハイブリッドノートPCの最新モデルだ。「Surface Pro 6」とのスペックの比較を交えて機能を解説する。

 Microsoftが、「Surface Pro」ファミリーの新製品「Surface Pro 7」(SP7)を発表した。2018年モデルの「Surface Pro 6」(SP6)のアップデートである本製品は、Armを搭載する「Surface Pro X」が発表されたせいで、さまざまな面で影が薄くなってしまったが、それでもSurface Pro 7を見過ごすべきではない。

 Surface Pro 6からのアップグレードを考えているビジネスパーソンにとって、Surface Pro 7はまさに希望どおりの製品であり、デザインはSurface Pro 6とほぼ同じだ。よく似ているからといって改善点がないというわけではなく、Surface Pro 7は、2018年モデルを使い込んだ人が購入したくなるような機能を備えている。

 この入門記事では、Surface Pro 7に関する基本的な情報を紹介する。

どんなものなのか

 Surface Pro 7は、MicrosoftのハイブリッドノートPCシリーズSurface Proの最新モデルだ。Surface Pro 7自体はキックスタンド付きのタブレットで、取り外し可能なオプションのキーボードを装着すると、軽量のノートPCになる(Surface Pro 7にキーボードは付属しない)。「Surface Pen」を使えば、Surfaceの画面に直接文字や図を書き込むこともできる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2767文字 ログインして続きを読んでください。

「タブレット」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]