周辺機器

分割可能なキーボード「Ultimate Hacking Keyboard」--使ってみた感想

Kinesisの「Freestyle2」キーボードを10年近く使い続けている著者が「Ultimate Hacking Keyboard」(UHK)キーボードを実際に使い、その使用感を紹介する。

 筆者は10年近くにわたって、Kinesisの「Freestyle2」キーボードを使い続けている。ほかのエルゴノミクスキーボードも試してみたが、長年愛用してきたFreestyle2のように痛みや疲労を伴わずにタイピングできるものは1つもなかった。

 その後、「Ultimate Hacking Keyboard」(UHK)のメーカーから連絡を受け、UHKを試してほしいと頼まれた。彼らは自信にあふれていたが、筆者にはその根拠が分からなかった。彼らの顔につばを吐きかけて、「Freestyle2に勝てるわけがない」と罵る代わりに、筆者はその依頼に応じた。損することは何もなかったからだ。数週間後、UHKが郵便で届いた。箱から取り出して、組み立てた後、真剣にテストに取り組んだ。どうせすぐにUHKを解体して、信頼できるFreestyle2を再び使用するようになると決めてかかっていた。

 こんなことは言いたくないのだが、UHKはKenesis Freestyle2に匹敵するどころか、さらに優れていた。実際、最初の文をUHKで入力したすぐ後に、このキーボードはタイピングに尋常ではない時間を費やすあらゆる人にとって、完璧な選択肢かもしれない、と筆者は結論づけた。UHKはそれほど素晴らしい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2485文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  2. CX向上のヒント:お客様一人ひとりに向き合い、感情に寄り添った顧客体験とはなにか
  3. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  4. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!
  5. 自然災害、サイバー攻撃、その危機は突然やってくる--イザというときの事業継続対策

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]