購買・調達

調達リスクを軽減--ビジネスを守る4つの方法

会社を経営している人や企業の調達活動を管理している人ならば、調達作業に伴うさまざまなリスクに直面する可能性がある。これらのリスクに適切に対処するには、現実的な戦略を立てる必要がある。

 会社を経営している人や企業の調達活動を管理している人ならば、調達作業に伴うさまざまなリスクに直面する可能性がある。これらのリスクに適切に対処するには、現実的な戦略を立てる必要がある。

 潜在的なリスクは、些細なものからビジネスの存続に関わりかねないものまで、多岐にわたる。深刻なリスクによる損失の回復には、非常に長い時間と多額のコストがかかることもある。

 潜在的な調達リスクには、以下のものが含まれる。

  • 明確に特定されていないビジネス要件
  • ベンダーの能力不足
  • コンプライアンスに関する未対処の考慮事項
  • 財源の不足
  • 人的資本の不足
  • 不測のサイバー犯罪の可能性
  • 自然災害の影響
  • データの盗難とプライバシーの問題
  • 法的責任
  • 非効率な運用
  • タイミングの問題と遅延
  • ベンダーの不安定さ

 調達に伴うリスクからビジネスを守るには、契約交渉のすべての段階で、リスク管理の専門家を関与させる必要がある。彼らは、計画を策定して、潜在的な落とし穴を特定し対処する作業を助けてくれる。調達リスクの軽減に関するこれらの4つのヒントは、最初はプロセスを遅らせる可能性もあるが、将来的に不必要で壊滅的な困難から会社を守ってくれる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1001文字 ログインして続きを読んでください。

「購買・調達」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]