IaaS

MSの「Azure Front Door」--ネットワークインフラの複雑さを軽減可能な統合ツール

「Azure Front Door」は、ロードバランサーやウェブアプリケーションファイアウォールなどの各種機能が統合されたサービスだ。負荷分散の改善やセキュリティ強化などの効果を期待できる。

 「Microsoft Azure」のようなクラウドサービスは、広範囲へリーチする必要があるアプリケーションのホスティングに最適なプラットフォームだ。世界規模で展開されており、コードとコンテンツをリージョン間で迅速にレプリケートできるため、デプロイプロセスが簡素化され、アプリケーションの弾力性が向上する。

 大規模インターネットアプリケーションは以前から構築されており、アプリケーションへの接続を管理する技術がこれまでに多数開発されている。たとえばロードバランサーは、接続を代替ローカルサーバーや他のサイトにルーティングし、サーバーの過負荷を防ぐ。DNSラウンドロビンは、単一のグローバルIPアドレスを複数のサービスに割り当てて、IPアドレスを基に、あるいは完全に無作為にトラフィックをサーバーに送信し、ロードバランサーがパケットを適切にルーティングできるようにする技術だ。ウェブアプリケーションファイアウォールは、異常なトラフィックや悪意あるトラフィックからサイトを保護し、新しい攻撃パターンを検知するとアップデートされる。

 こうした技術が登場した結果、コードとユーザーの間に、複雑なネットワークインフラストラクチャーの層ができてしまった。要素ごとに設定ツールが異なり、さまざまな管理ツールを使用するインフラストラクチャーだ。これを最新の状態に維持するには入念なケアが必要で、アクティビティーを記録して、セキュリティ侵害の兆候がないか分析できるようにしなければならない。ソフトウェア定義型ネットワーク(SDN)などの新しいテクノロジーも、この状況に拍車をかけている。仮想ネットワークアプライアンスも、やはり設定や管理は必要で、何よりモニタリングが必要だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2909文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]