AI・機械学習

AIは人類の味方--フェイクニュースやサイバー攻撃を阻止できるAIの可能性

“AI脅威論”が度々話題になるが、適用できる範囲は幅広い。負の側面が強調されるのも仕方がないが、その可能性はわれわれが想像する以上に広大なことは意外と知られていない。

 「倫理的な人工知能(AI)」という見出しやAIの危険性に関する記事を目にするたびに疑問に思うことがある。ハンマーやナイフが発明されたときに、もしメディアやソーシャルメディアが存在していたら、倫理的なハンマーやナイフの危険性に関する記事や投稿を目にすることはあっただろうか、ということだ。ハンマーやナイフは危険ではあるものの、それらなしの生活など考えられない、必須のツールでもある。

 AIは、石器時代の道具よりもはるかに大きく、用途は幅広い。比較対象としてふさわしいのは、電力やインターネットなど、社会のあらゆる要素を根底からくつがえしたテクノロジーだ。

 インテリジェントなアルゴリズムは、より繊細に機能し、既存のシステムを強化し、まったく新しいものを作り出す。データ分析は、以前よりも著しくパワフルになり、人間の感覚では想像できないほどのパターンを浮き彫りにする。半導体の設計から天気予報まで、あらゆるものに優れた効率と生産性をもたらしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2196文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]