ウェブ会議

リモートワーカーの会議参加を円滑に--疎外感を抱かせないためのヒント

電話会議において、リモートチームのメンバーが疎外感を抱かないようにするのは簡単なことではない。ここでは、同メンバーが会議に関与していると感じられる状態を維持できるようにするヒントを紹介する。

 その電話会議は、いつもの会議と同じように始まった。最初の10分間は、新たな参加者や退席者を知らせる音、長い沈黙、「Mary Smithさんが参加しました」という通知で満たされていた。それらの通知の後には、「本社はまだ接続していません」と宣言する音声が聞こえた。その後、ぎこちない雑談が始まった。やかましい話し声と笑い声が、ようやく本社職員の到着を告げた。そして、1~2分騒音が続いた後、皆が比較的静かになり、会議が始まったことが明らかになった。いつものように、話し手が電話から離れすぎていたため、どのリモートワーカーも話の内容をほとんど聞き取れなかった。聞こえてくるのは、誰かの咳や聞き取れなかった冗談に対する大きな笑い声だけだった。

 リモートワークの経験者や、サテライトオフィス、または顧客サイトで働いている人なら、おそらくそうした電話会議を経験したことがあるはずだ。話し手の声がよく聞こえないという現実的な問題、そして、おそらくすぐほかのことをやり始めて、何の役にも立たない体験から得られる価値がさらに小さくなったことを別にしても、あなたはおそらく疎外されているように感じたはずだ。ほかの参加者は、笑ったり、冗談を言ったりしているが、あなたがその体験に参加していないことは明白である。やがて、自分は重要な存在ではなく、チームのほかのメンバーたちから孤立しているという気持ちになる。リモートチームが会議に関与しており、より大きなコミュニティーの一員であると感じられるように手助けすることは、リーダーである私たちの仕事である。本記事では、リモートチームが会議に関与している状態を維持するためのヒントを紹介する。

さまざまなツールを試す

 かつては斬新で高価な製品だったが、現在では、私たちが携帯するほぼすべての電子機器にカメラが搭載されており、ビデオ会議機能はすべてのメッセージングアプリケーションに標準で搭載されている。単純にお互いの顔を見ることができるだけで、関与の度合いはすぐに高まる。人々は、同僚の顔を見られるだけですぐに絆を感じられるだけでなく、リモートチームメンバーが集中していないことや関与していないことに気づけるようにもなる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1424文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]