コンバージド・ハイパーコンバージド

HPEのハイパーコンバージド製品--仮想マシン中心型管理の利点を幅広い企業に

日本HPEはハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品の新モデルを発表した。AMDプロセッサの採用やハイブリッドストレージ構成にすることで価格を抑えている。

 日本ヒューレット・パッカード(HPE)は9月24日、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)製品の新モデルとして「HPE SimpliVity 325 Gen10」、遠隔地に秒速でバックアップが可能という「HPE SimpliVity 380 Backup and Archive node」、システム分析予測サービス「HPE InfoSight」のHPE SimpliVity対応を発表した。

 今回の発表により、同社はHPE SimpliVity製品のさらなる顧客層拡大を狙っているという。

管理の簡素化で属人化を排除

 HPE SimpliVityは現在、HPEが得意とする大企業だけでなく、従業員20人といった企業にも購入されているという。その理由として、同社ハイブリットIT事業統括 ハイブリットIT製品本部 製品部エバンジェリストの山中伸吾氏は、他社製ハイパーコンバージド製品と異なり顧客の「今日の課題にしっかり応える」とともに、導入により顧客は「将来的にハイブリッドクラウドの道に"気づいたら"のっている」という同製品の特徴を挙げる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5523文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]