OCR AI・機械学習 PFU

OCRソフト「DynaEye 10」に手書き文字認識オプション--富士通のZinrai活用

PFUは、業務用OCRソフト「DynaEye 10」シリーズのオプション「AI日本語手書きOCR」の販売を開始。住所や名前を書き込む欄で一文字ごとの区切りがない“フリーピッチ”での手書き文字のOCR処理の精度向上を狙っている。

 PFUは9月26日、業務用の光学文字認識(OCR)ソフトウェア「DynaEye 10」シリーズのオプション「AI日本語手書きOCR」の販売を開始した。最小構成の参考価格は100万円から。

 DynaEyeは1997年に販売開始。自治体での介護保険認定審査や官公庁での調査票、銀行の営業店、医療機関での問診票や検査所、生損保の契約書や申請書などで活用されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1656文字 ログインして続きを読んでください。

「OCR」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]