開発ツール

「Python 2」のサポート終了迫る--「Python 3」への移行に向けて取るべき対策

「Python 2」のサポートは2020年1月1日で終了予定だ。それまでに「Python 3」への切り替えが済んでいない場合は、セキュリティ上の問題が発生する可能性がある。Python 3への移行に役立つヒントを紹介する。

 「Python」に魅力を感じる開発者は記録的な速さで増えているようだが、このプログラミング言語の最新バージョンを使っていない開発者の前には、潜在的なセキュリティ問題が立ちはだかっている。

 数十年の歴史を持つこの言語は、2008年に公開された「Python 3」によって近代化を果たしたものの、旧バージョンのPythonとの互換性は失われてしまった。

 Python 2のサポート終了が数カ月後に迫った今も、Python 3への切り替えが済んでいない開発者がおり、Python 3に移行できていないプロジェクトもある。

 移行のプレッシャーは増大している。Python 2のインタプリターと、バンドルされたライブラリーのバグ修正の提供が、2020年1月1日で終了するからだ。

 移行の必要性は、多くの開発者に影響を与える可能性がある。周知のとおり、Pythonの勢いはとどまるところを知らず、その主な要因としては機械学習での利用が挙げられる。近いうちに世界で最もよく使われるプログラミング言語になると予想されるほどだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3695文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]