CRM SFA レッドフォックス

GPSで現在地をリアルタイムに把握--緊急出動でも効率的に割り当て

法人を対象に防犯対策や設備保守などを提供する東洋テック姫路は、GPSをベースにしたSFA/CRM「Cyzen」を活用。従業員の現在地をリアルタイムに把握することで緊急出動にも効率的に対応できるようになっているという。

 防犯対策や設備メンテナンスなどの法人向けの警備、管理業を中心事業とする東洋テック姫路(兵庫県姫路市、単体従業員数95人)は、スマホを活用するSaaS型の顧客関係管理システム(CRM)/営業支援システム(SFA)「Cyzen」を導入。顧客への駆けつけ時間短縮、個人情報紛失リスクの低減などの効果があるという。9月24日、開発、提供するレッドフォックス(千代田区)が発表した。

 GPSを活用し、従業員の現在地をリアルタイムに自動捕捉。休憩、巡回、移動などの業務ステータス報告とあわせ、場所と勤務状態の可視化につながっているという。業務の一つとなる緊急出動時が必要となった際、“現場に近く、対応可能な従業員”の即座な把握、割り当てが可能。対応スピードが向上したとしている。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「CRM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]