電子署名 帳票管理

契約書管理サービス「クラウドサイン」にPDFインポート--紙文書も一括管理

契約書管理サービス「クラウドサイン」に書類インポート機能が追加された。PDFファイルのほかに紙の契約書もインポートして一括管理できるようになる。

 法律相談ポータルサイトを運営する弁護士ドットコム(港区)は、開発、提供する契約書管理サービス「クラウドサイン」の新たなオプションとして、書類管理権限を持つユーザー自身でPDFファイルをインポートできる「書類インポート」機能を発表した。紙で締結した書類も管理できるようになるという。9月20日から提供する。

 クラウドサイン導入以前に締結した契約書の検索、契約の更新、解約漏れに対してのアラート設定などが可能。紙で保管書類に対する問い合わせ対応などの時間、手間を削減。高度な契約書管理ができるとしている。

 クラウドサインは、契約をウェブで完結できるクラウドサービス。契約速度の向上、郵送や紙、インク、印紙代といったコスト削減ができるという。業務の透明性向上、漏れ、抜けの防止、コンプライアンス強化にもつながるとしている。

 無料プランのほか、税別月額利用料金1万円からの「Standard」、管理機能を強化できる10万円からの「Business」プランを用意している。書類インポート機能は契約書1000件までのインポートに対応する基本料金が1万円からで、その後1000件単位で1万円ずつ加算していく。

書類インポート機能の課金例(出典:クラウドサイン)
書類インポート機能の課金例(出典:クラウドサイン)

 また、有料ユーザー向けの新機能として、CSVファイルのアップロードで複数の書類情報を一括更新できる「書類情報一括編集」の提供も発表している。

「電子署名」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]