クラウドサービス PaaS SaaS

「AWS」で「MySQL」リレーショナルデータベースを作成するには

クラウドコンピューティングサービス「AWS」を使うことで、企業は洗練されたリレーショナルデータベースソリューションを迅速かつ効率的に実装することができる。

 現代の企業にとって、大量のデータを収集、処理、取得することは、これまでも標準業務手順書(SOP)の重要な一部だった。しかし、ビッグデータソリューションやIoTデバイス、クラウドコンピューティングサービスの普及拡大により、データを取得して、有用なものに変換することの重要性がこれまでになく増している。こうした環境において、リレーショナルデータベースは、規模の大小を問わずあらゆる企業で定番のツールとなっている。

 クラウドコンピューティングサービスのさまざまな利点のおかげで、企業は追加のハードウェアを展開したり、新たに専門エンジニアを雇ったりしなくても、洗練されたリレーショナルデータベースソリューションを迅速かつ効率的に実装することができる。こうしたクラウドベースツールの典型的な例が「Amazon Relational Database Service」(Amazon RDS)である。Amazon RDSは、「Amazon Aurora」や「PostgreSQL」「MySQL」「MariaDB」「Oracle Database」「SQL Server」を含む複数のデータベースインスタンスタイプをサポートする。

 このチュートリアルでは、AWSコンソールから、Amazon RDSを使用して基本的なMySQLデータベースを作成し展開する方法を紹介する。

Amazon RDSを使用してMySQLデータベースを作成する

 最初に、管理者レベルの認証情報でAWSにログインする必要がある。それが完了したら、ダッシュボードを使用して、利用可能なサービスのリストの「Database」(データベース)セクションからRDSをクリックする。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2045文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  2. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  3. 顧客を知り、顧客に合わせるのに欠かせない「NPS」を知っていますか?
  4. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  5. IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]