IoT 周辺機器 富士通 富士通コンポーネント 富士通デザイン

富士通、採寸結果を自動入力できる“IoTメジャー”--クラファン成功で商品化

富士通はアパレル業界での採寸業務を効率化するIoTデバイスとアプリケーションの販売を開始した。専用アプリとBluetoothで採寸結果の入力を自動化できるという。クラウドファウンディングで成功した製品を商品化した。

IoTメジャー hakaruno(出典:富士通)
IoTメジャー hakaruno(出典:富士通)

 富士通は9月19日、採寸業務を効率化するIoTデバイス「FUJITSU Business Application SNAPEC-FORCE IoTメジャー hakaruno」とWindows用アプリケーション「FUJITSU Business Application SNAPEC-FORCE IoTメジャー hakaruno for Win(hakarunoアプリ)」の販売を開始した。

 IoTメジャー hakarunoで計測して、ボタンを押すとBluetoothでhakarunoアプリにサイズの情報を転送できる。hakarunoアプリはExcelやブラウザの検索ボックス、メモ帳などペアリングしたPC上のカーソル位置にテキスト入力する。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「IoT」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]