RPA NTTアドバンステクノロジ

RPAで8割の作業時間を削減--つくば市に見るRPA定着術で外せないポイント

茨城県のつくば市は、超過勤務時間の削減を目的にRPAを導入して効果を生み出しているが、どのようにして導入を成功させているのだろうか。導入のポイントを明らかにした。

 茨城県のつくば市は、超過勤務時間の削減を目的にロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツールを導入して効果を生み出しているが、どのようにして導入を成功させているのだろうか。導入のポイントを明らかにした。

RPA導入の経緯

 つくば市は、茨城県の南西部に位置し、人口がおよそ23万5000人。つくばエクスプレスの開業により、沿線自治体の人口は増加傾向にあるが、つくば市も同様だという。研究者(2万人)や外国人(9500人強)、学生が多いという特徴があり、転入や転出、パスポート申請など、市民窓口課の繁忙期が複数存在するという。

 また、税の申告時期になると、同市役所の申告相談会場には多くの人が訪れ、市職員が1万件超の申請を受けることになると、つくば市総務部ワークライフバランス推進課係長を務める三輪修平氏は、NTTグループが8月28日に開催した記者説明会に登壇して述べた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2865文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]