AI・機械学習

“従業員体験”から考えるバーチャルアシスタントがいる職場の未来形

「2021年までにデジタルワーカーの25%が“バーチャル従業員アシスタント(VEA)”を日々使用するようになる」――。AlexaなどのAIアシスタントがいずれ職場にもやって来る。どんな職場になろうとしているのか。

 私たちが家庭で使うテクノロジーと企業環境との融合が徐々に進んでいます。このイノベーションは“バーチャルアシスタント(VA)”市場において生じており、それが持つまったく新しい職場を現実のものとし得る可能性には特に注目されます。

 人工知能(AI)をエンジンとし、音声コマンドで操作されるAlexa、Google Assistant、Siri、Cortanaなどは、すでに多くの家庭において一般的なものとなっています。この人気によって企業のテクノロジーにもVA機能を組み込むことへの要求が高まってきており、このことは“従業員体験(エクスペリエンス)”を大きく変えるとともに高める可能性が存在します。

 Gartnerは「2021年までにデジタルワーカーの25%が“バーチャル従業員アシスタント(Virtual Employee Assistants:VEA)”を日々使用するようになる。これに対し2019年の普及率は2%未満である」と予測しています。

 現時点では人間とVAとの関係は、主に「Alexa、今日の午後の天気は?」などのシンプルなコマンドを使った、何らかの処理を行うものが大半です。しかし、VA市場のエンジンであるAIと機械学習は急速に進化しており、近い将来にVAは音声やチャットボットによるインターフェースを超えたものになると予想されます。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2346文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]