開発ツール

プログラミング言語「Python」の成長を追う(4)--今後の可能性

プログラミング言語「Python」の成長を全4回にわたって振り返る。最終回では、コミュニティーの変化とPythonの今後について、開発者のG・ヴァンロッサム氏や関係者が語った内容を紹介する。

 Guido van Rossum氏がプログラミング言語の欠点に不満を感じて開発した「Python」は、今では非常に多くの開発者に使用されている。Pythonの過去と今後の展開についてvan Rossum氏や関係者に話を聞いた。その内容を4回にわたって紹介する。今回は最終回。

Pythonの進化

 それから数年で、Pythonは長足の進歩を遂げた。2008年の「Python 3.0」のリリースによって現代化を果たし、もっと新しいところでは同言語の管理方法に大きな変更があった。

 この変更が始まった2018年に、van Rossum氏は指導的役割であるBDFLを退いている。同氏は引退前、「Python Enhancement Proposal(PEP)572」で議題として提出された「Assignment Expressions」(代入式)の導入をめぐって、公の場で論争を繰り広げていた。

 代入式の導入の狙いはコード記述の効率化にあったが、van Rossum氏は変更に反対する人々からオンラインで激しい批判を浴びた。一部には、代入式を使用するとコードが読みにくくなり、メンテナンスが困難になるとの意見もあった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5561文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]