ネットワーク ぷらっとホーム

ぷらっとホーム、アプライアンス「EasyBlocks」新製品--SyslogとDHCPを強化

ぷらっとホームが開発する専用サーバー「EasyBlocks」の新製品を発表。Syslog管理、DHCPのそれぞれの性能を強化した。

 Linuxサーバーやネットワーク機器などを開発、提供するぷらっとホーム(千代田区)は9月10日、ネットワーク専用サーバー(アプライアンス)の新製品「EasyBlocks Syslog 1T」「EasyBlocks DHCP 6000」を発表した。ともに9末~10月初頭をめどに出荷を開始するという。

 Syslog 1Tは、Linux関連のログを伝送する標準プロトコル「Syslog」管理用アプライアンス。従来モデル「Syslog XG」の2倍となる1TBのストレージを搭載。1日あたり最大100GBのログが受信でき、複数機器からログを収集、長期、大量保存できるという。FTPサーバーへのデータ自動転送も設定できるとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約561文字 ログインして続きを読んでください。

「ネットワーク」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]