経費精算・旅費精算 コンカー

「遠くない将来に領収書という紙がなくなる」コンカー、キャッシュレス推進

コンカーは、経費精算・管理のキャッシュレス化を推進する連携サービスを発表。2025年までにキャッシュレス決済比率を40%に高めるという経済産業省が進める「キャッシュレス・ビジョン」が背景にある。

 コンカーは9月9日、経費精算・管理のキャッシュレス化を推進する連携サービスを発表した。2025年までにキャッシュレス決済比率を40%に高めるという経済産業省が進める「キャッシュレス・ビジョン」が背景にあり、同社も「ビジネスキャッシュレス構想」を掲げて出張精算の「Concur Travel」や経費精算の「Concur Expense」、請求書管理の「Concur Invoice」といったサービスで間接業務のキャッシュレス化を進めていく。

 具体的には、DiDiモビリティジャパン、ディエールジーピー(DLGB)、エムティーアイ(MTI)の3社との提携を発表。外部のサービスやモバイルアプリと連携できるサービス「SAP Concur App Center」にタクシー配車サービス「DiDi」(DiDiモビリティ運営)を年内に、空港送迎サービス「SmartRyde」(DLGB運営)を12月以降、法人プリペイドサービス「FEEDER法人プリペイドカード(仮)」(MTI運営)を2020年春に新たなサービスとして追加する。

 いずれもConcur Expenseに利用明細が自動連携される。QRコード決済連携サービスのうち、経費精算の受け取りは2019年冬以降、経費支払いは2020年以降を検討している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2201文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?
  3. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]