クラウドストレージ Dropbox

飛行中の航空機エンジンを変えた--1エクサバイトを管理するDropboxの試行錯誤

クラウドストレージサービス「Dropbox」はアクセス頻度が低い“コールドデータ”の格納先としてHDDの高密度のシングル磁気記録方式(SMR)を活用。現在の管理データ量は1エクサバイトとなっている。

 Dropbox Japanは9月6日、クラウドストレージサービス「Dropbox」を支えるインフラの技術説明会を開催。Dropboxでは、あまりアクセス頻度が低い“コールドデータ”の格納先としてハードディスクドライブ(HDD)の高密度のシングル磁気記録(Shingled Magnetic Recording:SMR)を活用。高密度SMR化は2019年末に40%にすることを目標にしている。Dropbox Japanのソリューションアーキテクトである保坂大輔氏は「予想以上にトラブルが少なかった」とDropboxにおけるストレージ基盤の改善をアピールした。

 2007年6月(正式サービスは2008年9月)から提供されているDropboxは、現在180の国と地域で利用されている。当初はレンタルサーバーを組み合わせていたが、ユーザー増に伴い、自社サーバー構築プロジェクト「Magic Pocket」を2014~2015年に進めた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2304文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]