クラウドストレージ Dropbox

飛行中の航空機エンジンを変えた--1エクサバイトを管理するDropboxの試行錯誤

クラウドストレージサービス「Dropbox」はアクセス頻度が低い“コールドデータ”の格納先としてHDDの高密度のシングル磁気記録方式(SMR)を活用。現在の管理データ量は1エクサバイトとなっている。

 Dropbox Japanは9月6日、クラウドストレージサービス「Dropbox」を支えるインフラの技術説明会を開催。Dropboxでは、あまりアクセス頻度が低い“コールドデータ”の格納先としてハードディスクドライブ(HDD)の高密度のシングル磁気記録(Shingled Magnetic Recording:SMR)を活用。高密度SMR化は2019年末に40%にすることを目標にしている。Dropbox Japanのソリューションアーキテクトである保坂大輔氏は「予想以上にトラブルが少なかった」とDropboxにおけるストレージ基盤の改善をアピールした。

 2007年6月(正式サービスは2008年9月)から提供されているDropboxは、現在180の国と地域で利用されている。当初はレンタルサーバーを組み合わせていたが、ユーザー増に伴い、自社サーバー構築プロジェクト「Magic Pocket」を2014~2015年に進めた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2304文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]