AI・機械学習 マーケティング コールセンター・コンタクトセンター

JCB、コールセンターでAI活用--損保や生保で成約率の可能性の高い会員を予測

JCBはコールセンターにAIの本格活用を始める。インバウンドではオペレーターの配置計画を立案、アウトバウンドでは、利用実績などから成約の可能性の高いクレジットカード会員を絞り込む。

 国際カードブランド「JCB」を運営するジェーシービー(港区、従業員数4290人、JCB)は、機械学習プラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」を採用。コールセンターでのアウトバウンドとインバウンドの両方に活用する。9月5日、MAGELLAN BLOCKSを開発、販売するグルーヴノーツ(福岡市中央区)が発表した。

ユーザーロゴ(出典:グルーヴノーツ)
ユーザーロゴ(出典:グルーヴノーツ)

 損害保険の加入案内や生命保険の販売といったアウトバウンドでMAGELLAN BLOCKSを活用する。クレジットカードの利用実績やユーザーの年代、性別などから成約に至る可能性の高い見込みクレジットカード会員を人工知能(AI)で予測するという。省力化と保険加入を希望するユーザーへ最適なタイミングでのアプローチを目指すとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約634文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  2. CX向上のヒント:お客様一人ひとりに向き合い、感情に寄り添った顧客体験とはなにか
  3. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  4. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!
  5. 自然災害、サイバー攻撃、その危機は突然やってくる--イザというときの事業継続対策

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]