コンバージド・ハイパーコンバージド コンテナ ネットアップ

ネットアップがオンプレのHCIでKubernetesを動かす仕組みを提供する意味

ネットアップは、コンテナの制御管理ツール「Kubernetes」を自社製ハイパーコンバージドインフラに対応させた「NKS with HCI」のプレビュー版の提供を開始。クラウドとオンプレのデータを自由に制御できるようにすることを目的にしている。

 NetAppは米国時間2018年10月24日に自社のKubernetesサービスである「NetApp Kubernetes Service(NKS)」の提供を開始。NKSは、Amazon Web Services(AWS)やMicrsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)といったパブリッククラウドでコンテナを管理するKubernetesのクラスタを起動、管理できるというもの。

 同社製ハイパーコンバージドインフラストラクチャである「NetApp Hybrid Cloud Infrastructure(HCI)」でNKSを利用できる「NKS with HCI」をプレビュー版として提供を開始した。日本法人のネットアップが9月4日に開いた会見で明らかにした。

 ネットアップは、パブリッククラウドやオンプレミスに点在するデータを自由にアクセスし、かつ安全にデータを移動、制御させられる「データファブリック」ビジョンを提唱している。同社常務執行役員で最高技術責任者(CTO)でシステム技術本部の近藤正孝氏は「従来はITインフラ管理者をターゲットにしていたが、“データファブリック 2.0”では、アプリケーション開発者やクラウドアーキテクトにも門戸を広げる」と方針を語った。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1894文字 ログインして続きを読んでください。

「コンバージド・ハイパーコンバージド」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]