メール

受信トレイを空っぽに保つ「インボックスゼロ」に近づく5つのヒント

多くの電子メールで常に埋め尽くされる受信トレイに対処するのは悩みの種だ。ここでは、受信トレイを空っぽの状態にする「インボックスゼロ」を実現するための5つのヒントを紹介する。

 多くの人にとって、電子メールは悩みの種だ。何百件ものメッセージで満たされた受信トレイを見つめていると、人々は勇気を失い、友達を見捨てて、あらゆる仲間の絆を断ち切ってしまう。しかし、こんな状況になるまで追い込まれる必要はない。本記事では、受信トレイを空っぽの状態にする「インボックスゼロ」を実現するための5つのヒントを紹介する。

  1. 1度に1通ずつ対処する:すべてのメールに対処する必要があると考えると、おそらく恐怖で逃げ出してしまうはずだ。1通の電子メールを処理することに集中し、それが終わったら次の電子メールに移る、という風に作業を進めていこう。
  2. それぞれの電子メールで何らかのアクションを実行する:返信してもいいし、返信することをto-doリストに追加してもいい。アーカイブしてもいいし、削除してもいい。スヌーズすることも可能だ。何でもいいので、その電子メールを受信トレイから排除する何らかのアクションを実行しよう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約786文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]