PaaS SaaS クラウドサービス クラウドストレージ

「AWS」で「Amazon S3」ストレージのインスタンスを作成するには

クラウドコンピューティングサービスの代表的な用途の1つにオフプレミスのストレージがある。だが、ストレージインスタンスの作成には慎重に決めるべき項目がいくつか含まれる。

 クラウドコンピューティングの概念が最初に登場したとき、そうしたシステムの利点として宣伝された主要な用途の1つが、オフサイトの安全なストレージだった。もちろん、当初は、重要なデータをサードパーティーのサーバーに保存することを企業に納得させるのは容易ではなかったが、今ではそれは当たり前のことであり、多くの場合、ベストプラクティスでもある。

 すべての主要なクラウドサービスプロバイダーは、規模やスケーラビリティ、ユースケースが異なるさまざまなストレージソリューションを提供している。Amazon Web Services(AWS)は、小規模な企業でも大企業でも利用できる柔軟性を備えた「Amazon S3」というストレージサービスを提供している。S3ストレージサービスはさまざまな地理的位置に設置された複数のシステムにデータのコピーを冗長保存するため、99.999999999%のデータ耐久率がある、とAmazonは主張する。

 このチュートリアルでは、「AWS Console」を使用してS3ストレージのインスタンスを作成する方法を紹介する。

AWSでS3ストレージのインスタンスを作成する方法

 Amazon S3では、システムのストレージインスタンスを「バケット」と呼び、使用量に基づいてサービスの利用料金をユーザーに請求する。従って、この例では、標準のS3ストレージバケットを作成する。月額料金は最初の50TBが1GBあたり0.023ドルだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1575文字 ログインして続きを読んでください。

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]