SDN/ネットワーク仮想化 シネックスジャパン

Silver Peak、シネックスと販売代理店契約--「SD-WANはアーミーナイフ」

SD-WAN基盤ソフト「Unity EdgeConnect」などを開発するSilver Peakは、シネックスジャパンと日本での販売代理店契約を締結。「日本市場に根付けるように存在感を示していきたい」という。

 Silver Peak Systemsは8月29日、SD-WANプラットフォームの新たなパートナーとして、ディストリビューターのシネックスジャパンと日本での販売代理店契約の締結を完了したことを発表した。同日開かれた記者会見で、Silver Peakの日本アジア太平洋地域の営業を担当するバイスプレジデントのDean Vaughan氏は「日本市場に根付けるように存在感を示していきたい」と展望を語った(Silver PeakはSD-WANを「Software-Defined」ではなく「Self-Driving」と定義している)。

 日本におけるSD-WAN市場は2003年時点で3400万ドル(約36億円)だが、直近の調査によれば18億ドル(約1910億円)まで成長しているという。アジア諸国の最高情報責任者(CIO)を対象に調査すると、導入を検討しているソリューションにSD-WANの名を上げているのはシンガポールと日本としている。

 成長の背景には、データセンターからクラウドへの移行がある。ある調査では7割のアプリケーションがクラウドへ移行し、「この流れは加速している」(Vaughan氏)という。だが、Vaughan氏は「今日の企業は『ルーター中心型』『基本的なSD-WAN』と2つの妥協的選択肢を強いられている。ビジネスファーストなネットワーキングモデルへ移行すべきだ」と強調する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2300文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]