新興技術 アバナード

アバナードが考える“新興技術”活用で必要なコト--問われる“デジタル倫理”

アバナードが“エマージングテクノロジー(先端技術)”に関する調査を発表。エマージングテクノロジーを活用するための人材の確保や技術理解の重要性を強調。使いこなすための“デジタル倫理”の重要性も提言した。

 ビジネス課題を解決しうる“エマージングテクノロジー(先端技術)”。活用するためにはどういった課題があるのか。8月28日、アバナードが発表した。

 量子コンピューティング、ブロックチェーン、対話型人工知能(AI)、IoT、セキュリティとプライバシーに加え、拡張現実(AR)と仮想現実(VR)を合わせた“イマーシブ体験”をエマージングテクノロジーと設定。アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、オーストラリア、日本、カナダ、オランダ、デンマーク、スウェーデンの12カ国1200人のIT、ビジネス意思決定者を対象に調査したという。

日本企業は導入に特に強い意欲も、課題は多い

 9割が導入を予定しており、半数以上が3年以内に導入を予定しているという結果になったという。アバナードで最高技術革新責任者 ディレクターを務める星野友彦氏は「グローバルと比較すると日本では導入が遅れているものの、3年以内に導入すると答えた企業は日本が多い」と捕捉。日本企業の取り組みへの強い意欲を説明する。

グローバルと日本の回答比較(出典:アバナード)
グローバルと日本の回答比較(出典:アバナード)

 導入の際の課題としては、人材の確保、テクノロジーのさらなる調査などを挙げる。「エマージングテクノロジーは相互に連携させてこそメリットが享受できることが多く、専門人材の不足、テクノロジーそれぞれの理解を進める必要がある」(星野氏)と説明。人材の確保とともに課題を見極めつつ、素早く動く必要性があると強調した。

各テクノロジーの課題(出典:アバナード)
各テクノロジーの課題(出典:アバナード)
活用のためのポイント(出典:アバナード)
活用のためのポイント(出典:アバナード)

「新興技術」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]