人事・労務 人事評価

セールスフォースの人材採用--価値と能力の重視で成功に導く

セールスフォースは働きたい会社ランキング上位の常連だ。採用担当者に、同社の採用プロセスの秘訣を聞いた。

 Salesforceは、3万7000人以上の従業員を抱え、働きがいのある会社ランキングの上位に常に名を連ねる企業だ。Fortuneによる2019年の「100 Best Companies to Work For」では2位、Glassdoorによる2019年の「Best Places to Work」では11位に名前が挙がっている。Salesforceがこれほどまでに魅力的な職場とされている理由の1つには、同社が用意している福利厚生がある。しかし、応募者に内定が出る前の段階から、すでに魔法の力が働いていて、それは採用プロセスとともに始まる。

 Salesforceの採用担当責任者であるAna Recio氏は、米TechRepublicとのインタビューで、同社の採用活動が大きな成功を収めてきた要因を語り、同社の採用面接と雇用の方法が、どのように従業員全体の幸福感や忠誠心を高め、絆を強めるのに貢献しているかを明かしてくれた。

価値を重視する

 Salesforceは理想とする候補者を採用するにあたって、いくつか秘策を持っている。その1つは「Trailhead」のような評価ツールの使用だが、価値と応募者の能力を重視するという点もまた、重要な部分を占めている。Recio氏は次のように述べた。「本当の秘訣は、価値を大いに重視していることだと私は考えている。その価値により、内面と外面の双方について振る舞いを評価する方法が決まる。人々は、価値を原動力とする会社で働きたいと心から願っており、Salesforceが従業員を大切に扱う会社であってほしいと思っている」

 「信頼は当社の創設以来、成長、イノベーション、平等と並んで最も重要な価値だ」とRecio氏は説明する。「採用においてこの考え方で物事を進めていくと、『カルチャーフィット』自体が重視されているわけではないことに応募者は気づくだろう。本当に重視するのは応募者の経歴や能力であり、それによって平等という価値が生まれるため、客観的で公平なプロセスとなる」

能力に基づいた採用

 Salesforceの採用活動で特筆すべきは、性格特性ではなく、能力を重視するやり方だ。「実際に性格特性から距離を置き、そこには(特別には)目を向けていない。100%重視するのは能力だ」とRecio氏は述べる。「3~4年ほど前、当社の営業部門でちょっとした思い込みが広がっていて、実績を上げるにはエンタープライズソフトウェア分野での経験が必要だと考えられていた。それで、以前はそのような分野の経験者を探していたが、応募者の幅を広げたいと考え、大がかりな分析を実施して、当社でトップの実績を上げている従業員はどんな人物か、Salesforce入社前には何をしていたのかを調べてみた」

 Recio氏と同僚たちにとっては驚くべきことに、Salesforceでトップの実績を上げている従業員のうち40%は、エンタープライズソフトウェア分野での経験を有していなかった。実際はどうだったのか、Recio氏は次のように説明する。「月単位のサイクルで仕事をする環境から来た人々がいて、それがSalesforceのペースに影響を与えた。当社の仕事のペースは非常に速く、結果を大いに重視する。この従業員たちはCRMの経験を持っていて、かつてはユーザーであったり、販売担当であったりしたわけだが、それは必ずしもエンタープライズに勤務していたという意味ではない」

 この発見によって、能力が重視されるようになり、「応募者の幅を大きく広げることができた。そしてさらに重要なこととして、標準化されたプロセスを世界中で作成することができた。サンフランシスコにいようが、シドニーやシンガポールにいようが、営業職の面接では、その職種の成功要因に基づいた評価を受けることができる。必ずしも性格特性が評価されるのではない」とRecio氏は語る。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]