セキュリティ データ保護

「Face ID」入門--顔認識でロックを解除するアップルの認証システム

「Face ID」は、ユーザーの顔を認識してデバイスのロックを解除するアップルの認証システムだ。指紋を使う「Touch ID」に代わって採用された同技術の機能、認証の仕組み、設定方法などを紹介する(2019年8月26日公開、2020年6月19日更新)。

 Appleは「iPhone X」のリリースに際して大きな変更を実施した。指紋セキュリティシステム「Touch ID」を廃し、顔認識による新しい生体認証ツール「Face ID」を採用したことだ。iPhone X以降の大半のApple製品では、指紋スキャナーが姿を消し、代わりに顔マッピング機能を備えた新しいカメラアレイが搭載されている。Appleによると、Face IDがハッキングされる可能性はTouch ID指紋認証の20分の1だという。

 Face IDによって生体認証技術の新時代が到来する可能性もあるが、批判的な意見もある。Touch IDを気に入っている人やプライバシー保護を唱える人はFace IDを批判しているが、好むと好まざるとにかかわらず、Face IDはすでにAppleのエコシステムの一部となった。

 この入門記事では、Appleの新しい生体認証セキュリティFace IDについて説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3901文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]