プロジェクト管理 PaaS SaaS

サービスレベル合意書(SLA)--プロジェクト管理者が知っておくべき構成要素

多くのプロジェクトでは、ベンダーが提供するサービスを必要とする。ここでは、ベンダーとの意見の対立やトラブルを未然に防止するための文書であるサービスレベル合意書(SLA)について解説する。

 サービスレベル合意書(SLA)は、サービスプロバイダーと顧客の間で締結される契約で、顧客の責任に加えて、ベンダーと顧客における条件またはサービスの基準を定め、プロジェクトや提携に支障をきたす可能性のある意見の対立やトラブルを未然に防止するための文書である。

 SLAは当初、ITサービスプロバイダーを利用する際の必須文書として使われていた。やがて1980年代後半、ITのアウトソーシングが出現したことを受けてSLAの使用範囲が広がり、今日ではプロジェクト管理を含む多くの分野で幅広く採用されている。SLAは、サービスプロバイダーだけでなく、内部および外部顧客との関係を規定する手段としても使われている。

プロジェクト管理でSLAを使用する方法

 ベンダーが提供するサービスは誤解や失望を招くことが少なくない。そのため、プロジェクト管理においては特別な重要性に関するSLAが作成されている。こうした極めて重要な取り決めによって、ベンダーのパフォーマンス特性を定義し、サービスに基づく課題に対処する方法を確立する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1260文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]