マーケ・営業

営業スタイルの変遷で見えてくる--「課題解決」で選ばれる時代は終わった

営業のこれまでのスタイルを振り返るとともに、営業がこれからどのような方向に進もうとしているのか――。営業コンサルティングなどを提供するセレブリックスの今井晶也氏が解説する。

 営業と言っても、そのスタイルは変遷してきました。営業のこれまでのスタイルを振り返るとともに、営業がこれからどのような方向に進もうとしているのかを解説したいと思います。

営業 1.0

 プロダクトやサービスに競争優位性が発揮できた時代は、企業は製品開発に力を注ぎ、良い製品をいかにして効率良く消費者に届けるか注視していました。いわゆる、「良いものを作れば売れた時代」であり、これを仮に“営業 1.0”とします。

営業 2.0

 しかし、ウェブやITが発達したことで、ひとつの課題に対する解決策も多岐に渡るようになりました。外資企業が参入したり、大手企業ではカバーしきれないニッチなマーケットにサービスを提供する企業も増えました。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1777文字 ログインして続きを読んでください。

「マーケ・営業」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]