RDBMS DWH AI・機械学習 日本オラクル

3つのアプローチで「10年先もリーダー」--自律型DBの拡大狙うオラクルの考え

クラウド市場に注力するオラクル。自社イベント「Modern Cloud Day Tokyo」では自律型DBクラウドサービス「Autonomous Database Cloud」の現在や目指す立ち位置などを説明した。

 5月に東京のデータセンター(DC)を開設、年内には大阪にも開設するという日本オラクル。データベース(DB)ソフトウェア市場のリーダーというポジションを10年後も維持すべく、DBクラウド市場をリードしていくという目標を掲げている。

OracleのAndrew Mendelsohn氏
OracleのAndrew Mendelsohn氏

 8月6、7日に開催した自社イベント「Modern Cloud Day Tokyo」では、米本社のデータベースサーバー技術担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるAndrew Mendelsohn氏が、“自律型”リレーショナルデータベース管理(RDB)クラウドサービス「Autonomous Database Cloud」の現状や新機能など、データマネジメントにおける最新状況を説明。「ほかのクラウドベンダーのサービスはユーザー自身でチューニングが必要で、DBアプリケーションやその管理が難しい。エンタープライズ向けの提供になっていない」と、自律型の強みを強調する。

日本でも広がるAutonomous Databaseの現在地

 Autonomous Databaseは、IaaS「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」上のDBクラウドサービス。パッチの適用や自動バックアップなど、DBやインフラの管理、チューニングを機械学習(ML)によって自動化するという。ユーザーの運用管理やチューニング作業負担を軽減し、業務に注力できる点をメリットとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1559文字 ログインして続きを読んでください。

「RDBMS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]