クラウドサービス

「Evernote」だから簡単にできる--1on1ミーティング記録術

部下の業務に関して適切な目標を立て、進捗状況を確認するための1on1ミーティング。その記録に「Evernote」を使うことが可能だ。「Evernote」で簡単にできる1on1ミーティング記録術を紹介する。

 部下を持つ管理職の皆さん、お疲れ様です。部下のやる気を引き出し、自主的に動いてもらうという最高の状態を作ることは、管理職の主要ミッションのひとつ。適切な目標を立て、進捗状況を確認し、部下にとっても会社にとっても良い方向へと導く――そのためには部下と定期的に対話をする必要がある。

 半月に一度、部下と1on1ミーティングをしているという若手管理職の話を聞いた。月末に当月の振り返りと翌月の目標決めをする面談をし、翌月半ばに中間面談をするのだそうだ。部下からは「(1on1が)仕事を進めるいいリズムになっている」との感想をもらっているという。面談の度に話したことをログとして残し、成長の過程を後で共に見直すとも話していた。

 今回は「Evernote」で簡単にできる1on1ミーティング記録術をご紹介する。Evernoteは部下の育成にも活用できるのだ。

1on1ミーティング用のノートブックを作る

 最初に、1on1ミーティング記録を格納するノートブックを作っておこう。ノートブック名は「1on1」や「面談」の他、部下の氏名などを付けて、「◯◯との1on1ミーティングの記録を入れる」と一目でわかるようにしておく。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1494文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  2. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  3. 【事例】AI活用の広告サービスで顧客生涯価値(CLV)向上に成功した小売業者の軌跡を追う
  4. Office365メールも保護! クラウド型多層防御サービスの実力
  5. 成果を生むデータマネジメント戦略とは?成功企業に共通する4つの特性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]